エアロプレスの淹れ方と特徴についてまとめた

スポンサードリンク

どうも!コーヒー楽しんでます?


何かいつものコーヒーに飽きてしまって新しいスタイルを探していませんか?


そんなあなたに是非知っておいて欲しいのが、最近噂のエアロプレス。

 

 

今回はそのエアロプレスをプロのバリスタに聞いたので実際に淹れて特徴と抽出方法について紹介していきます!

ちなみに教えてくださったのは「Fuglen Tokyo」のスタッフさん!レシピとか秘密にしてるのかなあと思いきや意外と簡単に教えてくださいました笑

 

エアロプレスが気になっている人や淹れ方わかんないよって人はご安心ください。

この記事を読めばエアロプレスについてわかるようになります!

 

それではいきましょう!

 

エアロプレスの特徴

 

もともとアメリカのフリスビーのメーカーによって開発されたこの注射器のようなコーヒー器具ですが、最近では日本のカフェでもエアロプレスによるコーヒーを出しているお店が増えてきました。

エアロプレスのいいところは何と言ってもその簡単さと後始末のしやすさ

時間のないときでもささっとできちゃいます!

ただフレンチプレスと同じように使用する豆によってだいぶ味が変わってきてしまいます!なのでできるだけいい豆を使うと美味しく淹れることができます!

 

エアロプレスメリットとデメリット

・誰でも簡単に淹れることができる

・素早く抽出ができるため手っ取り早く飲める(2分以内にはできる)

・後片付けが簡単

・豆の質がそのままコーヒーに反映されやすい(いい豆=おいしい、質が悪い豆=おいしくない)

[保存版]家で本格コーヒーを楽しみたい全ての人に。コーヒーについてわかりやすくまとめた

2017.06.10

 

器具について

 

なんだか色々ありますが・・・これ全部買った時に入っているのでご安心を!

 

エアロプレス付属品

①フィルターキャップ

②チャンバー

③プランジャー

④計量スプーン(17gぐらいです)

⑤パドル(混ぜるやつ)

⑥ペーパーフィルター

⑦ファンネル

 

 

レシピ

レシピ

豆の量:14.5g

挽き方:中細挽き

お湯の量:210ml

 

フィルターをセット

フィルターセット

ペーパーフィルターをセットします

チャンバーの下にはめます

 

 

器具を温める

サーバーの上にチャンバーを乗っけてお湯を入れることで同時に二つの器具を温めます。

同様に飲むマグカップもあっためておきましょう!

 

豆を計って挽く

今回は教えてくれた14.5gで

愛用のナイスカットミル。三番の粗さで挽いていきます

この粗さは個人の好みにもよりますが豆によって調整して見てください!

 

いい豆 = 細め

それ以外 = ちょっと粗め

 

 

粉を入れる

まず忘れずにサーバーの中のお湯を捨てましょう!

そして粉を入れていきます。

こぼしそうな人はファンネルを使うと便利。

 

 

粉を入れた瞬間からフィルターについた水分とコーヒーが反応して抽出が始まってしまうのでここからは素早く!

 

お湯を注ぐ

 

タイマーを忘れずに

 

タイマーをスタートさせると同時にお湯を注いでいきます。

 

 

ポイントは一気にドバッと!全体にお湯を行き渡らせます。

コーヒーの淹れ方で浸漬法と透過法の違いと淹れ方のポイント

2017.07.05

 

だいたい抽出量が200mlだったら③番のマークの部分まで注ぐとちょうどいい感じになります。

 

素早く混ぜる

 

 

まずスケールから下ろしたら付属のパドルなどで素早く4回混ぜます。

なるべく全体が混ざるように

 

 

混ぜたら気圧で落ちないようにプランジャーをセット!!

 

こうすることで下に落ちません!

 

そのままタイマーが60秒になるまで蒸らします。

 

混ぜて押す!

60秒になったら再び4回混ぜます!

 

混ぜたらプランジャーをセットし直して、おしていきます。

目標は1:30秒に抽出しきるように!

 

 

「プシューッ」と音がしたらそこでストップ!

 

出来上がりです!!

 

きになる味は・・・?

見てくださいこの色!!笑

今回は浅煎りの豆を使ったからってのもあるんですが、コーヒーとは思えないほど綺麗な赤褐色をしています!

 

味わってみると、とんでもなくフルーティでおいしい・・・

綺麗な酸味と甘さがしっかりでました!

あとはすっきり軽いんですが、しっかりしたボディも感じられます!

うまい!笑

 

後片付け

このエアロプレスのいいところはこの後片付けのらくさ。

フィルターを外してそのまんまポイでOK!

カスもあんまり残らないので洗うのも簡単ですね。

 

 

最後に

エアロプレスはどうでしたか?

まとめると

  • 手軽に早くコーヒーが淹れられる
  • 初めてでも簡単
  • 豆本来の味が出る(質の悪い豆だと美味しくない
  • 後片付けが簡単

 

気軽に誰でもコーヒーが淹れられるエアロプレス。

やま
次のうちカフェはこれで決まりですね。それでは!

 

 

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です