コーヒーの効果と時間をうまく利用して毎日に活かす方法

スポンサードリンク

はい皆さんこんにちは!

ところでいきなりですがコーヒーには皆さんどのような効果があってどれくらいの時間その効果が持続するのか知っていますか??

 

実はこれを知っているだけで、例えば、、、

仕事で集中したい時、しっかりとフォーカスできる

・うまくコーヒーを利用して脂肪燃焼に

・毎日コーヒーは飲むけどぐっすり睡眠は取れる

 

と言うようにうまくコーヒーを飲む時間と効果を把握することのよっていいことばかりなんですよ!

今回は皆さんがこのコーヒー効果をうまく利用できるようにまとめて見ました!!

 

 

コーヒーの効果について

 

それではまず初めにコーヒーの効果についてまとめていきたいと思います!!

1、鎮痛作用

2、利尿作用

3、覚醒作用

4、リラックス効果

5、燃焼効果

6、抗酸化作用

7、美肌効果

 

と言うようにコーヒーには魅力的な作用がたくさんあります!!

特に女性は5の燃焼効果や7の美肌効果なんて嬉しいのではないでしょうか??

 

それでは簡単に説明していきますね!

 

鎮痛作用

ブラジルの大学の研究でコーヒーには「オピオイドペプチド」と呼ばれる鎮痛作用を持つタンパク質の破片を発見したと報告しています。

なんや「オピオイドペプチド」って

て方に。

簡単に言うと脳に影響を与える物質のことです。

ちなみに幸福感をもたらすことで有名な「エンドルフィン」もこの仲間です。

 

さらにコーヒーには血管収縮作用があるため、二日酔いなどの血管が拡大して引き起こされる頭痛にも効果的といえます!!

しかも利尿作用によって相乗効果ですね!

 

利尿作用

こちらも皆さんご存知先ほど申し上げた通りでございます。

しかしなぜ利尿作用が起きるのかと言うとこれは「カフェイン」によるものとされています。

 

カフェインが吸収されると腎臓の血管が拡張します。

腎臓は普段自分の体にある不要なものをキャッチして必要なものは体の中に戻すフィルターのような役割をしています。

カフェインを摂取したその結果、腎臓に流れる血液が増え、自然と尿がたまりやすくなり、トイレが近くなると言う理由です。

これはむしろいいこともあって、いらないものを出してくれるのが利尿作用な訳ですからデトックスやむくみの解消に繋がります。

しかしそのぶん水分はこまめに補給するようにしましょうね!

 

覚醒効果

こちらも先ほどの「カフェイン」によるものです。

もうカフェインで目がさめるってのは皆さんご存知ですよね。

お仕事をされている方はこの効果を狙ってコーヒーを摂取しているのではないでしょうか??

こちらも注意点で、普段からカフェインを多量に摂取している人はなかなか効果が現れない場合があります。

なぜかと言うと、脳が慣れてしまっているんですね。

そんな場合はコーヒーだけでなく軽い散歩や体を動かして血流を良くし、目を覚ましてみるといいかもしれません!

 

リラックス効果

こちらは主にコーヒーの「香り」によるものです。

思い浮かべて見てください。

休日の午後、近くのコーヒー屋さんで焙煎したての新鮮な豆を買ってきたあなたは丁寧にミルで一杯ぶんあなたのぶんだけ挽きます。豆をひいたと同時に焙煎したコーヒーの香りが部屋中に広がるでしょう。そして適温まで温まったお湯で丁寧にハンドドリップしていきます。まるで生き物のように膨らむコーヒーとさらに広がる香り。ワクワクしながら適量まで注いだらお気に入りのマグにコーヒーを注ぎます。そして口元までマグを近づけたその時一気にコーヒーのアロマを感じます。そして一口飲んだあなたはとてもリラックスするでしょう。

想像だけでリラックスできそうです笑

<コーヒー豆人気ランキング>本当に美味しいのはこれだ!!

2018.06.15

 

これって実際に脳内でリラックス効果のα波が出ているために人は落ち着くそうです。

これによってはストレスの解消にも繋がりますね!

 

燃焼作用

さてお待ちかねの燃焼作用。

こちらも実は「カフェイン」による作用なんです。

このカフェインがもともと体内にある消化酵素に働きかけ、脂肪を燃焼し、しかも脂肪をたまりにくくしてくれます。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」は脂肪の蓄積を防ぎ、さらに脂肪を分解してくれる作用があります!

 

抗酸化作用

こちらも何かと最近話題の抗酸化作用。

先ほどご紹介したポリフェノールの一種「クロロゲン酸」は抗酸化作用を持っており、「活性酸素」や「過酸化脂質」と言う老化の原因である物質をできにくくしてくれる働きをしてくれます。

 

美肌効果

これは私も調べる前はほんとかよって思いましたが、

どうやら先ほどの「カフェイン」と「クロロゲン酸」が活躍してくれます。

カフェインで、利尿作用によりデトックスやむくみ解消、血流をよくし新陳代謝が上がる。

クロロゲン酸により抗酸化作用でエイジングケアをし、肌の酸化を防いでニキビの予防にも。

いやおそるべしコーヒー効果。

 

 

さてこのようにたくさんの多ところもあるわけですが、気をつけなければならない点もあります!!

 

スポンサーリンク


 

コーヒー摂取によるデメリット

 

まず覚えておいてもらいたいのは

飲みすぎはよくありません。

と言うことです笑

 

簡単にまとめると、

・空腹時には胃に負担がかかりやすいので飲みすぎない。

・寝る6時間前にはコーヒーを控える

・胸焼けや貧血になりやすくなる

 

胃への負担

これはコーヒーが胃液の分泌を高める働きがあるためだとされています。

なのでもし空腹であればコーヒーと一緒に何か焼き菓子だったり、ミルクを混ぜて飲むことで緩和することができます。

 

睡眠前にコーヒーはNG

こちらはみなさん先ほども話た通りご理解いただけると思いますが、覚醒作用によって睡眠の質が低下する恐れがあります。

カフェインは体から完全に排出されるまで約6時間前後かかるとされています(個人差あり)。

なのでもしあなたが22時に就寝するとしたら午後の4時以降は飲まないように心がけると睡眠にも悪影響は及ばないと思われます。

 

貧血などの症状

 

こちらは利尿作用によるもので、尿と同時に鉄分まで持っていってしまう働きがあります。

ですから過剰な摂取は鉄分不足になりかねないので注意しましょう!

 

 

コーヒー効果を発揮する時間を考えてみる

 

もし以上のことを踏まえてコーヒーの効果を発揮したいのであれば、どのタイミングでどんな目的を持ってコーヒーを退くかと言うことが重要になってきます。

そこで今回はいかに分けて考えてみました。

 

・コーヒーで集中したい

・コーヒーで脂肪燃焼したい

・コーヒーで一日リラックス

 

それではそれぞれ見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


 

集中タイプ

もしあなたが集中したいのであれば、

朝、ご飯とともに飲むのではなく、仕事を始めて1時間ほどしてから飲むと良いでしょう。

なぜかと言うと、朝起きたらその1時間後くらいから体の中で「コルチゾール」と言う成分が分泌を開始されます。

この成分がカフェインの覚醒作用の働きを抑制すると言われており、できれば同じ時間帯で取らないことがベストです。

なのでもしあなたが毎朝7時に起きるとしたら10時頃にコーヒーを飲んでお昼まで集中力を維持したあと、お昼を食べてから昼休み時間中に軽い10分程度の仮眠を取った後集中力がきれてくる午後14時あたりにもう一杯コーヒーを飲んで帰宅まで頑張ると言うのが良さそうです。

ちなみに覚醒作用が効いてくるのは飲んでから30分前後とされています。

 

脂肪燃焼タイプ

もしコーヒーをダイエット効果に利用したいのであれば、

食前と運動前がオススメです。

食前に飲むことで脂肪の吸収を抑え、運動前に飲むことによってより脂肪を燃焼させてくれます!

ただ、汗をかいたらしっかりとした水分補給をしてくださいね!

 

一日リラックスタイプ

もししラックスしたいのであれば、

まずは優雅に朝食の後、丁寧にコーヒーを淹れましょう。

これによりリラックスと同時に食べ物の消化を助けてくれますし抗酸化作用にも。

 

そしてランチの後にも一杯挟んだ後、15時のおやつの時間もお気に入りの淹れ方で美味しい豆を淹れましょう。

コーヒーは美味しい豆で淹れると全然今までとは違う体験ができます。

 

コーヒーの効果と時間まとめ

さて今回の記事ではコーヒーの大まかな効果と目的に適した時間があることに気がついていただけたかと思います。

あなたにあったコーヒーの飲み方でいい効果を取り入れて健康や仕事の効率化に繋げていただけたらと思います!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です