コーヒー豆の保存容器でおしゃれなものはこれだ

スポンサードリンク

どうも。

みなさんは普段コーヒー豆をどんな保存容器に入れて保存してますか??

コーヒーを美味しい状態で保存するには、直射日光、湿度(水分)、高温の状態をなるべく避けれるような保存容器に入れることがベストです。

 

またなるべくコーヒー豆は2週間程で飲みきれる分だけを購入するようにすると、おいしく飲みきることができます。

 

 

通常コーヒー豆は、焙煎されてから3日目から2週間程が飲み頃とされています。

それ以降であればアロマなどの香りが飛んでしまったり、どうしても劣化してしまうため、長期保存したい場合(それでも1ヶ月以内に飲みきるのがベスト)冷凍庫で保存をするなどして対策を取る必要があります。

コーヒー豆を保存するのに冷凍庫は適しているのか

2018.06.20

それでは今回は、コーヒー豆を美味しい状態で保ってくれて、さらにおしゃれな保存容器をご紹介していきたいとおもいます!

KINTO SLOW COFFEE STYLE

こちらは日本のおしゃれメーカー。素敵なキッチン用品を取り揃えています。

有名なカフェでもKINTOの製品を使っているところを最近ではよくみかけますね!

そして今回ご紹介するのはKINTO SLOW COFFEE STYLEというタイプの製品です。

こちらは「スローと言う贅沢な時間を味わうためのコーヒーウェア」と言うコンセプトの元誕生したシリーズです。

とってもシックなデザインで、どんな空間にもなじみやすいですね。個人的にはビンテージとか植物とかと一緒に置いて見たいです。

しかもコーヒー豆用と言うことだけあって、保存性能は抜群。

しっかりと空気と湿気を遮断し、光からも守ってくれる優れものですよ!

まずは悩んでいる方にはオススメします!

また、この「Slow coffee style」はとても素敵なコーヒー器具を取り揃えているので、おしゃれな器具を揃えてコーヒーを淹れたいって方にはかなりいいラインナップだと思います。

http://www.kinto.co.jp/products/slowcoffeestyle/

 

KINTO BOTTLIT

またまたこちらもKINTOから。

ご紹介するのはBOTTLIT(ボトリット)というタイプの製品です。

インテリアに映えるストックボトル

収納性を備えた、キッチンやテーブルでアクセントとなるBOTTLIT。ボトル型のデザインは容器を傾ければ簡単に中身を出すことができます。食材やドリンクをクリアで有機的な丸みのあるボトルにストックすれば、見た目に愉しく上質な空間を演出してくれます。

KINTOホームページより引用

こちらはご覧の通りかなりシンプルでおしゃれなデザインに。

違う種類別のコーヒー豆を並べて見てもとってもおしゃれになりそうです!

そしてシンプルかつボトルタイプになるため置く場所を選ばず、リビングでもキッチンでも、雰囲気を壊さずマッチすること間違いありません。

 

大きさはコーヒー豆だと、

たくさん飲まない方は300ml(画像真ん中)

たくさん飲みたい方は600ml(画像左)

だとちょうどいいかもしれないですね!

やはり目安は飲みきれる量で購入しましょう!

 

取り出しやすいのもいいポイントですね!


 

ChaBatree

やさしい木のぬくもりをお届けします

CHABATREE(チャバツリー)は、大手デパートや有名雑貨店でも取り扱われている、タイ・バンコクに本社を持つ木製キッチン用品のメーカーです。
こちらの製品は全て、タイ・ランパンにある自社工場で、選び抜かれた木工職人が見事な職人技を駆使して作り出す美しい曲線は、工業製品には無い素晴らしい仕上がりです。

チャバツリーは無塗装、無漂白。

環境保護にも配慮し、プランテーションウッドまたは計画的に伐採された木材を使用。
有毒な化学塗料の不使用等にも常に注意を払っています。
※『チャバ』とは、タイ語でハイビスカスのことです。

こちらはタイからやってきた素敵なキャニスターです。

全て天然の木材をプロの職人さんが手作りで加工してくださっています。

やはり手作りのものとなるとなんか温もりを感じてしまいますよね。

保存もしっかりとゴムパッキンがついているので空気をちゃんとカットしてくれそうです!

大きさだとコーヒー豆を淹れるには500ccあたりがちょうど良さそうですね!

このシリーズも何個か並べたらすごくおしゃれな感じになりそう・・・!

 

まとめ

今回はおしゃれに焦点を当てたような感じでご紹介いたしました。

ぜひ日々のコーヒーライフに取り入れて見てくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です