コーヒー豆を保存するのに冷凍庫は適しているのか

スポンサードリンク

どーも

皆さんは普段コーヒーをどのように保存していますか??

実はどれくらいの期間保存したいかによって保存の方法があるんです。

 

そして今回は冷凍庫でのコーヒーの保存について考えてみようと思います。

 

コーヒー豆を冷凍庫で保存するのはどのくらいまでが適しているのか

 

冷凍庫といえば、、、、、

そうですコーヒー豆を冷凍庫で保存する場合は長期での保存が適しています!!

そういえば冷凍食品って長期保存だったりする場合が多かったり、アイスって賞味期限ないですよね??(多分?)

昔からの知恵でも冷凍保存で人々は食べ物を長持ちさせてきました。

 

なぜ冷凍庫だとコーヒー豆は長持ちするのか

 

なぜコーヒー豆は冷凍庫に入れることによって長い期間保存できるのでしょうか??

 

その理由はズバリコーヒー豆の劣化の原因である、直射日光、高温、湿気を防ぐことができるからなんです!!

これらの要因をできるだけ減らしてあげることで、なるべく焙煎の新鮮な状態のまま、さらに酸化を防ぐことができるわけです。

そうなんです。

酸化=コーヒーの劣化(香りやアロマが消えてく・・・)

と言うことになります。

スポンサーリンク


 

どうやって保存したら良いか

 

これは簡単に考えて、なるべく密閉性の高い袋(ジップロックなど)に小分けにして入れるのが良さそうです。

なぜ小分けにするのかと言うと、コーヒー豆は湿度にも弱いため、取り出した際に発生する結露の影響をなるべく少なくするためです。

ですからささっと必要なぶんだけ取り出して使いましょう!

 

どのくらい保存できるのか

 

皆さんちなみにコーヒー豆が常温保存で美味しく飲めるのはどれくらいの期間だかご存知ですか??

 

一般的に言われているのは、、、、

焙煎から3日から2週間程度とされています!

 

あれ、焙煎したてが美味しいんじゃないの??

って方もいるかもしれませんが、個人的に焙煎したてのコーヒー豆だと、豆に含まれている二酸化炭素(ガス)が抽出の際に多すぎて、うまく抽出できないんです。

確かに生き物のように膨らむコーヒーを見ているのはワクワクしますよね!

しかしかえって活きがよすぎるのは抽出の妨げになります。

 

ですからある程度ガスがほんのり抜けてちょうどよく膨らむ焙煎から3日から2週間程度が飲み頃となるわけです。

 

さて話がそれてしまいましたが、

肝心の冷凍庫での保存はどうやら約1ヶ月までが良さそうですね

 

いくら冷凍とはいえコーヒーはかなり新鮮な食品になりますので、できるだけ飲めるぶん購入して最悪1ヶ月以内には飲みきるようにしましょう!

やはり1ヶ月を超えてくるとコーヒーの持っている本来のフレーバーが抜けていってしまうそうです。

 

コーヒー豆冷凍庫保存のまとめ

 

小分けにしたジップロックで焙煎日から1ヶ月以内が賞味期限

 

ってのが一番良い冷凍庫でのコーヒー豆の保存方法になりそうですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!!

小型のジップロック
↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です