コーヒーの淹れ方の種類はどんなものがあるのか調べてみた。

スポンサードリンク

はいどーも。

今回はコーヒーの淹れ方の種類について説明していきたいと思います!

コーヒーの淹れ方といえどそこには実はたくさんの種類があって、さらにその淹れ方の種類の中でも器具によって若干淹れ方が違うので詳しく説明しようとしたらかなり複雑なので今回は大まかにいきます。

 

みなさんはどんな淹れ方の種類で淹れるのが好きですか??

やはりお家で淹れるとしたらペーパードリップとかでしょうか?

ちなみに僕はエスプレッソマシンを触れる機会が割とあるのでエスプレッソマシンが好きです。

ここではあまり詳しく書きませんが、エスプレッソはとても繊細なコーヒーなので少しの気温や湿度の変化であったり、ちょっとした所作の変化で味がとても変わってしまいます。

さらにエスプレッソマシンだとスチームミルクも作れるので、ラテアートとかするのも楽しいですよね。

 

さてでは本題にうつりましょう!

 

ドリップコーヒー

こちらはみなさん同じみのドリップコーヒーです。

フィルターにコーヒーをいれ、お湯をまわしかけてコーヒーをゆっくりと抽出していきます。

それによって粉にお湯を浸透させてフィルターで濾し、コーヒーの味や香りなどの成分が詰まった琥珀色の液体がドリッパーの穴から重力により下に落ちていくという仕組みですね。

ドリップコーヒーはドリッパーに注ぐお湯の速さであったり、コーヒーの挽き目などによって同じ豆でも味が変わってきます。

均一に抽出するためには粉全体にお湯を行き渡らせることが重要になってきます。またドリップケトルやスケール(はかり)などしっかり器具を揃えてきちんとレシピを守ることも大事ですね。

こだわらなければ5000円ほどで揃えることができると思います。

ドリッパーやペーパーフィルターは100円ショプでも売ってますし。

費用(最安予想で)

ドリッパー 108円
フィルター 108円
ケトル   1300円
スケール  600円

計     2116円

<コーヒー豆人気ランキング>本当に美味しいのはこれだ!!

2018.06.15

コーヒーの淹れ方とペーパードリップの重要な4つのポイントをまとめた。

2017.04.23

 

フレンチプレス

フレンチプレスを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

フレンチプレスはとっても簡単な抽出方法で、ザラメ程度の粗く挽いたコーヒー豆をお湯に浸すだけという簡単なものです。

どのくらいのコーヒーを使ってどのくらいのお湯を使うのかという分量さえ決めてしまえば誰でも簡単に抽出することができます。

欠点としては若干コーヒーの微粉が混じってしまうので、苦手な方はフレンチプレスでいれたコーヒーをまたフィルターで濾してもいいかもしれないです。

そのぶんライトなボディ感になりますが、よりクリアではっきりとしたアロマが感じられるでしょう。

 

またフレンチプレスは使う豆によって味が決まると言っても過言ではないのでできるだけいい豆で淹れるようにしましょう。

いい豆であるほど美味しくなり、悪い豆であるほど不味くなります。本当に笑

コーヒーの淹れ方でフレンチプレスは簡単美味しく淹れられるよ

2017.05.18

エアロプレス

こちらは割と近年アメリカで開発されたコーヒーの抽出器具です。

空気の力を使って抽出していくのですが、抽出時間が短時間で抽出できたり、プラスチック製なので持ち運びも楽々です。

味わいとしてはペーパーフィルターで濾すため、ボディは感じつつ、しっかりとしたクリアなアロマも楽しむことができるでしょう。

浅煎りの豆なんかを味わいたい時には最高ですね。

このエアロプレスも使用する豆によってかなり味わいが左右されやすいものなのでできるだけいい質の豆を使って淹れるようにしましょう。

[エアロプレス]インヴァート式での抽出方法とその特徴

2017.05.31

エアロプレスの淹れ方と特徴についてまとめた

2017.04.29

スポンサーリンク


 

クレバーコーヒードリッパー

こちらはABID(Absolutely Best Idea Development)という台湾の会社が開発したコーヒードリッパーで、簡単に説明するとフレンチプレスとドリップコーヒーを組み合わせたような抽出器具です。

淹れ方もとてもシンプルで測ったこなをフィルターに入れ、お湯を注いで待つだけ。

あとはお気に入りのマグなどに注いだらストッパーが自動的に開き、コーヒーが注がれます。

 

味はしっかりとお湯に浸しているぶんボディーが強くでますが、最後フィルターを通して濾すため微粉が入らずにクリアな印象になります。

手間がいらずに後処理もフレンチプレスに比べると楽な点もいいですね。

サイフォンコーヒー

実はサイフォンコーヒー1830年に開発されたのでできてから約200年近く立っているということに驚きですよね。
調べていて自分で驚いてしまいました笑

さて「真空濾過式コーヒーメーカー」とも呼ばれるこのサイフォン。実験器具のような見た目のフォルムも、コーヒーが抽出される様子は見ていてもとても楽しく、演出効果は抜群です。

サイフォンで入れたコーヒーは何よりもはっきりとしたアロマが感じられ、香りからコーヒーを楽しみつつクリーンで丸みのあるコーヒーに仕上がるのが特徴的です。

紙のフィルターではなく、布製のフィルターで濾すためにコーヒーの油分もしっかりと出るのでこれがアロマとして感じることができます。

少々高いですが、こだわる人にはオススメのコーヒーの淹れ方の種類です。

 

マキネッタ

 

こちらのマキネッタは直火型の抽出器具でこれまた歴史が古く、1820年ごろにフランス人のルイ・ベルナール・ラボーが発明しました。

主にイタリアで主流のコーヒーメーカーで、少量を濃く抽出し、エスプレッソのように抽出します。

主にアルミ製ですが、ステンレス製もあり、フォルムやサイズも色々あります。

個人的に2杯用のマキネッタを持っているのですが、コンパクトなサイズ感なのでアウトドアでコーヒーを淹れる際にも重宝しています。

淹れ方も水とコーヒーをバスケットに入れ、火にかけて待つだけなのでとても簡単です。

自宅でエスプレッソを気軽に楽しめるマキネッタを使ってみた

2017.05.25

エスプレッソマシン

さてこちらはマシンを使用して一気に抽出します。

先ほどまでの抽出方法ではゆっくりと時間をかけていましたが、こちらは一気に気圧をたくさんかけることにより濃厚でボディのしっかりとしたごく少量のコーヒーを作ります。

一般的にはエスプレッソはとても苦いから苦手だっていうイメージがありますが、現在では豆自体のクオリティーが向上したことによって苦味だけではなく、フルーツのような酸味や甘み、複雑なアロマが感じられて素晴らしいエスプレッソが飲めるようなコーヒーショップも増えてきています。

さらにこちらは様々なドリンクの「原液」ともいえ、ミルクを注いで作るカフェラテやカプチーノ、お湯で割って作るアメリカーノなど、様々なコーヒーの元になっています。

そんなエスプレッソが家庭でも味わえたら最高ですが、やはりマシンということだけあってそれなりのお値段がしてしまいます。

家庭用の簡易的なエスプレッソマシンだと安く買うことができますが、味は保証できないですね笑

ただ試してみるぶんにはいいかもしれないです!

まとめ

さていかがでしたか??

あなたのお気に入りのコーヒーの淹れ方の種類はあったでしょうか?

まだ試したことのないものがあったり興味があるものがあったらぜひお家でのコーヒーライフに繋げてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です