このエントリーをはてなブックマークに追加

好きなことで生活していくの不安じゃない?ってよく言われるけど

スポンサードリンク

 

 

みんな
会社も入ってないでお金のこととか色々不安じゃないの?

 

ヤマモト
不安だけど、会社に入ってて不安じゃないの?

 

 

確かに学校を卒業したら就職してそこの会社で働く。

これがいわゆる普通なのかもしれません。

しかし僕は自分でやっていく道を選びました。

 

会社を3ヶ月でやめた理由

 

理由

・やりたいことがあったから

・時間を取られてしまって、好きなことにあてる活動ができないから

・給料は安定しているかもしれないが、自分で稼いだほうが稼げると思ったから

・若いうちに挑戦したかったから

 

僕の場合、上の理由のように会社が嫌でやめたわけではありませんでしたが、ダラダラ続けていたらやりたいことやりたすぎて現状に耐えられなくなっていたと思います。

もちろん安定した給料がもらえなくなるってことにはとても不安でした

周りのみんなが給料を安定的にもらえてることが悔しいけど羨ましいです笑

 

 

ヤマモト
ボーナスとかもらいたかった・・・笑

 

 

でも僕は自由に生きていくことを選びました。

 

 

好きなことで生きていくにあたってのメリット・デメリット

 

メリット

・時間的に自由

・好きなことに集中できる

・収入も自分次第で安定してたくさん稼ぐこともできる

・幸福度が高い

デメリット

・全て自己責任

・正直不安もある

・安定するかも自分次第

 

確かに会社員になることで経済的な安定感は増します。

しかし、勤めている限りは時間的な自由などはほとんどの場合少ないでしょう。

要は「ただ安定したいから就職した」ってなってませんか?

 

こちらの図を見てください。

出典:https://www.jimpei.net

 

もちろん今の僕は本当にこれからって状態なのである程度の自由はあるけれどバチバチに不安な状態です。

でもこれからやれることを増やしていってある程度自分の事業とかを展開していけるようになれば経済的にも安定し、自由に好きなことでやっていけます。

 

もちろんその為には、

会社の従業員として働くスキル

ではなく

自ら稼ぐスキルを身につけていく

ということが必須です。

 

夢を追いかけたほうが幸せになるという研究

こんな面白い研究がありました。

1960年~1980年に米国の心理学者スラリー・プロトニックが、ビジネス・スクールの卒業生1500人を対象に行った調査では、「今すぐ夢を追いかけるか、それとも、まず先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか」という質問をぶつけたところ、83%は「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答し、「すぐに夢を追い、お金のことは後で考える」と回答したのは17%だけでした。

それから20年後、夢だった仕事を選んだ卒業生255人のうち、100人が大富豪になっており、収入第一で仕事を選んだ卒業生1245人のうち、最終的に大富豪になっていたのはわずか1人だったそうです。

スラリー・プロトニックは、「大きな富をつかんだMBAたちの圧倒的多数は心から夢中になれる仕事に全身全霊で取り組んだ人々である。富はむしろ真に楽しめるなにかに専心したことの副産物だろう」と研究結果を結んでいます。

大切なのは、本当に好きなことをやることで、そして、しっかりとした計画を持つことだと思います。言い方を変えれば、すぐに取り組むべきかどうか考えるのであれば、それは本当に好きなことではないのでしょう。本当に好きなことは考えるようなことはなく、すぐにはじめるでしょうから。お礼でも謝罪でも同様で、頭で考えるものではないのです。

出典:お金よりも夢を追った人の40%が大富豪に? 高城剛が勧める逆説的成功論

 

というように安定を選んで夢を叶えたのはたった一人で、最初から夢に向かって進むということをした人たちからは多くの大富豪が誕生したということですね。

 

安定を選ぶというリスク

 

正直、僕はあなたに無理に好きなことしろといっているわけではありませんし、

自由に仕事もできて安定した収入を得られる会社もあるかもしれません。

 

ただ、考えて見てください。

 

自由はないけど安定はしている会社で雇ってもらい生活するのか

 

それとも

 

夢を実現させ時間的にも経済的にも自由な生活をするのか。

 

 

全て自分の人生です。

今は夢を実現させるにあたってたくさんの方法があると思います。

一歩踏み出すのも勇気がいりますが、今までとは違う全く新しい世界が待っているでしょう。

 

そして自分も10年後、好きなことをやっているように全力でできることをやる。

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です