このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも簡単にプロが淹れたようなコーヒーを自宅で。フレンチプレスのススメ

スポンサードリンク
チャーリー
どーも!みなさんコーヒー淹れてますか?

 

さて今回はフレンチプレスについてですが、皆さんこのフレンチプレスがあれば誰でも簡単にプロのバリスタ顔負けのコーヒーがお家で淹れられるって知ってましたか??

僕も最初はドリップコーヒーばっかりで、「コーヒーとかどれもあんまり変わんないだろー」とか思っていました。

だけどコーヒーに詳しい友達と遊んだ時に実際にフレンチプレスで淹れてもらったのを飲んだら・・・

 

チャーリー
え、全然今までのコーヒーとは違う!てかうまいんだけどなにこれ!?

ってなりました笑

 

 

それもそのはず。しっかり豆の量と抽出時間を守りながら淹れれば誰でも簡単にプロのようなコーヒーを楽しめます!

 

そんなフレンチプレス。一家に一台必須アイテムですね。

今回はその特徴と実際に僕が淹れている様子をまとめましたのであなたのお家の一杯の参考にしてください^^

 

 

フレンチプレスの特徴

特徴
・豆本来の味を出せる

良い豆で抽出:美味しいコーヒー
悪い豆で抽出:まずいコーヒー

・豆の量と抽出時間を同じにすることでいつでも均等な味にできる

・少し粉っぽいコーヒーになる

・とにかく簡単に淹れられる!

 

 

<本来の味を楽しむ>

その特徴はとにかく豆が持っている本来の味が楽しめると言うこと。

このようにコーヒーには品質があり、より上質ないい豆を使えばそのぶん美味しいコーヒーになりますが、クオリティが低いような豆を使ったり古い豆だとまずいコーヒーになってしまいます。

なのでフレンチプレスで淹れるときはできるだけいい豆の方が楽しめますよ!

て言うかいい豆で味わってください笑

良質な豆はこちらからどうぞ

<豆の量と抽出時間を守る>

ハンドドリップだと味が毎回ブレてしまいがちですが・・・

このよう豆の量と抽出時間を正確に計ることでいつも均等なコーヒーを楽しむことができます!

チャーリー
豆だけを変えて淹れたりして、違いを楽しむのもいいですよね。

 

 <少し粉っぽいコーヒーになる>

フレンチプレス唯一のデメリットといえばちょっと粉っぽくなってしまうところでしょうか?

若干気になってしまう方はいるかもしれませんが、自分は全く粉っぽいとは感じませんでした笑

ちょっと濁ってるなーってぐらい笑

 

 

<とにかく誰でも簡単に>

フレンチプレスは本当に淹れるのが簡単なんです!!

豆を計って決まった時間で抽出するだけ!

 

それでは実際に解説に入りたいと思います!!

今回使う道具たち

 

フレンチプレス:bodum
ミル:ポーレックス
豆:コロンビア(中深煎り)
タイマー

必要なのはこんなもんです!

レシピ

それでは超簡単なレシピがこちら。

 

豆:粗挽き(ザラメぐらい)12g
抽出量:200ml
抽出時間:4分

具体的な淹れ方

まずお湯を沸かしつつ豆を粗挽き(ザラメぐらい)で挽いていきましょう!

今回は200mlに対して豆を12g使います!

 

豆の量を色々試してみたんですが、僕はこのぐらいの量が好きですね

豆の量の計算
豆 9g = 約一杯(150ml)

この式を参考にしてみて、濃いようであれば少し減らしたり、物足りなかったら多めに変えてみてください!

 

だいたい粗挽きだとこのぐらいかなー。

 

そうしましたら直接プレスの中に豆を入れちゃいます。

 

あ、コップとかはお湯でさっと温めてあげましょう。

 

 

さ、そしたらタイマーをスタートさせるのと同時に注いでいきましょう!

全体的に、回しながら入れていきます。

200mlまで一気に注いでいきます。

 

 

ポイントとしては

・豆全体がお湯に触れるように回しながら入れる
・しっかりとタイマーで時間をはかる

この二つがポイントになります。

 

注ぎ終わったら蓋を取り付けます。

 

ここではまだプレスしないでくださいね!

 

そしてタイマーが4分になるまで待ちます。

 

4分たったらいよいよ見せ場。プレスしてやりましょう!

ぐーっと止まるところまで押します。

あんまり力はいらないです。

 

味わう

コップに注ぎましょう。

ポイントは全部注ぎきらないと言うことです。

どうしても微粉が混ざってしまうので、美味しいとこだけいただきましょう。

 

そして注目して欲しいのがここ。

ちょっと見えにくいですが、うっすらと表面にコーヒーの油分が浮いているのがわかります!

これがいわゆるコーヒーのアロマ成分。

このオイルにコーヒーの旨味が詰まっていると言ってもいいでしょう!!

 

いざ実食。いや実飲してみますと、ドリップとは違う、奥深さを感じます。

今回のコロンビアの豆もふんわりと甘い感じ。とても飲みやすかったです。

 

飲んでいて最後の方に粉がこのように残るかもしれませんが・・・

これは細かい粉のカスなので飲まないでいいと思います。

 

 

まとめ

もう一度みるフレンチプレスの特徴

・豆本来の味を出せる

良い豆で抽出:美味しいコーヒー
悪い豆で抽出:まずいコーヒー

・豆の量と抽出時間を同じにすることでいつでも均等な味にできる

・少し粉っぽいコーヒーになる

・とにかく簡単に淹れられる!

 

とにかく豆の量と時間をしっかり守って、使う豆にこだわれば誰でも簡単に美味しいコーヒーを入れることができます!

いい豆には間違いなくフレンチプレスが適しています。

 

良質な豆を購入する場合はこちらから
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です