このエントリーをはてなブックマークに追加

将来やりたいことが見つからないって人へ

スポンサードリンク

こんにちは!

 

最近よく友達や後輩のみんなと将来の話をするんですが、意外とみんなが悩んでること。

 

それは、

 

「やりたいことが見つからない」

 

 

と言うことです。

 

あなたは将来やりたいことはありますか?

 

 

 

でも安心してください。実は僕もやりたいことなんてつい2年前あたりまで全くわからずに生きてきました笑

でも、必死に勉強したり考えぬいて考えまくった結果、見つかったので、必ずあなたでも見つけることができます。

 

僕はこれを見つけるまでに長いこと時間やお金をかけてしまいましたが、この記事を読んでいるあなたは短時間でこのノウハウを知ることができるので本当にラッキーです。

過去の自分にマジで教えてあげたい・・・と何度も思います。笑

 

今日はこんな悩みがあるあなたに僕がどのようにしてやりたいことを見つけたのかを経験をもとに詳しく書き出してシェアしていきます!

ぜひこの記事を最後まで読んで、あなたのやりたいことを見つけるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

アノ頃の僕。

将来のことについて考え始めたのはいつのことだったか忘れてしまいましたが、いわゆるフツーの大学生活を送っている大学生。

友達と夜遅くまで遊んで、バイトして、授業を受けて、また遊んで・・・。

この繰り返しですが、正直大学生活をクソ楽しんでました笑

 

まあこれはこれでいいのですが、学年が上がっていくごとに考えざるを得なくなってくる、将来のことについてや就活のこと。

 

たとえあなたが大学に進学していなくてもみんなが通る道ですよね。

 

もちろん僕も何をやろうかと考えても、これだってのは思いつきませんでした。

 

 

そこで考えついたことがみんなの真似

僕は英語を専攻していたので、就職先として人気だった航空業界で働けたらなんて言ってたなあ。

でも理由はそのような仕事がしたいからではありませんでした。

 

なんとなく、かっこいいからとか、英語を使いたいとか、海外に行けるから・・・

 

でも正直に好きかと言われたらそうでもなかったし、本当にただ、なんとなくってだけでした。

要は「ただ周りに流されてただけ」って今は思います。

 

結局就職先としては、「グローバル営業職」と言うことで某産業機器メーカーに内定をいただきましたが、内定をもらってから、実際に働くまでの大学四年生の残された時間が全てを変えることとなりました。

 

 

運命を変えた大学卒業までの時間

僕は大体7月ごろに内定を頂いていたので、仕事が始まる4月までのやく9ヶ月間が残された時間となりました。

 

就職先を決めるまでは、「なんとかしてとりあえず就職先を見つけなきゃ」って言う謎の気持ちに駆り立てられていましたね。

 

でもいざ内定先が決まってしまうと、今度は逆に、「これが本当に俺のやりたいことなのか?」と言う気持ちがどんどん強くなってきました笑

 

そこからはひたすら何をしたいか考える日々。

考えぬいた結果僕はあることを思いつきます。

 

僕の結論。そしてこれがあなたのやりたいことを見つけるための答えです。

それは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

「好きなことや興味のあることをとことんやりまくる」

「で、飽きたらさっさとやめる」

 

 

 

と言うことでした笑

え、そんなんでいいの?って思いますが僕はこの方法でやりたいことが見つかりました。

 

 

この考え方がいいと思った理由

中には飽きたらやめるとかダサいって思う人がいるかもしれませんし、未だ日本にはまだひとつのことを続けることが美学という考えがあるのは事実だと思います。

 

例えば寿司職人が卵を焼くのをマスターするには10年。とか。

 

でも僕の結論上、それはあなたの人生でとても貴重な限られた時間の無駄遣いじゃないでしょうか。

やって向いてないと思ったらサクッとやめて、わくわくするようなことをしましょう。

 

今や本を読めば美味しい卵焼きの知識に限らず様々なことがのっていますし、グーグルで調べたりYoutubeを見ればすぐにその情報にアクセスできます。

それによって勉強したりすればある程度の知識やスキルは自分で身につけることができるはずです。

仮にもしダメでも、一度身につけてしまえば必ずどこかで役に立ちます。

 

ただやりたいことがないからといって家でグダグダすることにワクワクしてはいけません笑

もしあなたがやりたいことや、興味のあることすらないよって人。

 

実際に何をしていけばいいのか、どうやって探していけばいいのかを紹介していきます。

 

 

ワクワクを見つけるには。

 

 

あなたがワクワクすることを見つけるヒントは意外とあなたの過去を見つけてみると探しやすいです。

なので、

 

・小さい頃、何に夢中だったか思い出してみる。

・小さい頃の写真があれば見返してみる。

・親に自分の様子を聞いてみる。

 

などはいいきっかけになると思います。

田舎育ちの僕は小さい頃から何かを作ったりすることが好きだったので、よく近くの森に入って秘密基地を友達と作ったりしていました笑

 

でも確かに今になっても何かを作るということが割と好きな自分のままなんですよね。

僕の場合、

 

・DIY

・料理

・コーヒーを淹れる

 

これらが割と興味があることだったので。どれも作る系ですよね。

詳しくはプロフィールを見てください!

作者プロフィール

2017.07.06

 

 

もちろん小さい頃だけじゃなくて、最近でもワクワクすることはなんでも紙に書き出してみるといいですね。

 

参考記事

 

 

見つかったらとことんやる

 

もう言葉通り、これに尽きます。

僕の場合とことんやったことは「コーヒー」でした。

 

そして具体的にやったことは、

具体的なステップ

①とりあえずコーヒーの器具を買った

②やり方がわからなかったから知ってそうな知り合いに声をかける

③なんとなくわかってきて楽しくなる、SNSにコーヒーやってる様子を投稿する

④コーヒーの書籍を読みまくりさらにコーヒーについて詳しくなる

⑤もっと詳しくなり、もっとコーヒーが好きになる

⑥コーヒー好きな友達とつながる

 

みたいな感じ。

 

 

こんなことをしているうちに、

 

「あれ、コーヒー好きじゃん俺」

 

ってことに気がつき、

 

「将来コーヒーで仕事できないかなあ」

 

というように自然な流れでやりたいことが見つかってしまいました笑

 

 

もちろんコーヒーがやりたいってなる前に、他のことでささっと諦めたことがあります。

なんかこれを将来やるとなると違うかなあ〜って思ったので。

 

 

やりたいことのために

 

それではもしあなたがやりたいことが見つかったとしたら、具体的なゴールを決めましょう。

 

僕の場合だと「コーヒー」ですが、どんどん具体的にしていくと、、、

 

場所 = 地元近くで人通りのあるところ

スタイル = フード持ち込みオッケイのコーヒーショップ&焙煎屋

いつ = 30歳までに。

 

などなど他にも色々考えて、理想の状態を書き出していきます。

 

そして理想の状態が決まったところで、今度はそこから逆算しましょう。

イメージでいうと、トーナメント?を逆からやるように。

 

曲がるときは人生の分かれ道であったりする点として、それを決めてしまいましょう。

 

コーヒーショップを開きたい

経営・バリスタの知識が必要

コーヒーショップで働いて見たりして知識をつける

資金も必要

効率よく安定的な収入を働きながら得たい

情報の拡散や収益を得ることもできるブログを始める

ブログに必要な知識を集める

 

 

こんな感じですかね。

なんでこれがいいかというと、最初にある程度しっかり決めていた方がブレないですし、何よりやることが明確になって、やるべきことといらないことの区別がはっきり見えて最速最短で目標に届かせることができるからなんですね。

目標は大事です。

 

もうあとは進むだけ。

 

 

やりたいことを見つけるステップ

 

ではここで改めておさらい。

 

見つけるステップ

①過去から、または今気になることをとりあえずとことんやってみる

②飽きてもいいからどんどん新しいことに挑戦してみる

③とことん打ち込んでいるうちにそれがやりたいことになる

④目標を決める

⑤ゴールに沿った行動を実行していく

 

ある程度ひとつのことについて詳しくなることで、あなたはとてもユニークで貴重な人材となることができるでしょう。

例: バリスタ(コーヒー) × 空間デザイナー(DIY) × コピーライター(ブログ) × コンサルタント(悩みを聞いてアドバイスをする) × ・・・・

 

そうすることであなたは世界に一人しかいない肩書きを持つ人材になることだって可能なんです。

そうして得た知恵やスキルは情報であったり実際の商品としてお金に変えることができるでしょう。

 

まとめ

 

なんとなくイメージはできそうですか?

ぜひこの記事を参考にあなたのやりたいことが見つかればとても嬉しいです!

もしわからないことがあれば相談にもぜひともお待ちしてますので。

では!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です