[コーヒーの淹れ方]ペーパードリップで美味しく淹れる方法

スポンサードリンク

どうもー!

みなさんはコーヒーお家でも淹れてますか??

ホット一息つきたい時や友人恋人が遊びに来た時にコーヒー淹れると、その時間がもっとよくなります!

 

そして今回はコーヒーの淹れ方で最もベーシックとも言えます、ペーパードリップでの美味しい淹れ方をご紹介していこうと思います。

せっかく淹れるコーヒーですからやっぱり美味しく味わいたいですよね。

 

コーヒー淹れるのは難しいんじゃないのかって声もあったりしますがご心配無用です。

 

このペーパードリップはしっかりとポイントを押さえることでブレのない安定したクオリティで抽出することが可能なんです。

それをお伝えできたらなあと思います。

 

ペーパードリップでコーヒー淹れるのに必要なもの

ドリッパー
ペーパーフィルター
スケール
タイマー
おすきな豆
ミル
ドリップケトル

まずはこれらを揃えて頂けるとかなり味は安定して来ます。

なぜなら、一貫した味を出すために必要なのはレシピを守るということだからです。

 

コーヒーのレシピとは一般的に以下のものがあります。

コーヒーレシピ

使う豆の量
使う豆の挽き目
注ぐお湯の量
注ぐお湯の温度

これらを毎回しっかりと守ることでだいぶ美味しいコーヒーになります。

まずは測ることが大事ということを覚えておいてくださいね!

 

今回のレシピ

使う豆の量:15g
使う豆の挽き目:中細挽き(ザラメと白砂糖の間くらいの細かさ)
注ぐお湯の量:250ml
注ぐお湯の温度:90〜85度の間

これくらいの量であればだいたいどのカップでもちょうどいいのではないでしょうか。

それでは手順をおって解説していこうと思います。

 

豆の量を測って挽く

それではまず豆を測って挽いていきます。

今回は15g測ります。

つづいてミルの挽き目を調整します。

とりあえず測った豆とは別に新たに2〜3粒だけ入れて挽いて粗さを確認しましょう。

これだとちょっと細かすぎるかなあって感じですね。

調整の仕方はそれぞれミルによって異なりますが、だいたいの手動ミルの場合だとクルクルダイヤルを回して調整します。

今回のレシピだと中細挽き(ザラメと白砂糖の間くらいの細かさ)なので少し粗くしたいのでダイヤル部分を緩めます。

そしたらまた2〜3粒挽いてみて確認しましょう。

うん。今度はいい感じそうです。

なのでこの挽き目の状態で先ほど測ったコーヒー豆を挽いていきましょう。

やっぱり手動だとこのゴリゴリした感覚がなんとも気持ちいいですし、時間をかけてゆっくりコーヒーを淹れている気分がなんとも心地よいです。

ちなみにうちには電動ミルもあるのですが、こちらですと目盛りが書いてあるしコーヒー豆を挽くのは一瞬でやってくれるのですぐに調整は終わります。

 

フィルターにお湯をかけてリンスする

挽き終わりましたらサーバーでもマグカップの上にでもドリッパーをセットしてフィルターも準備します。

ちなみに今回はカリタのウェーブシリーズのドリッパーを使っていきます。

このようにセットしたらそのままフィルターにお湯を通します。

なぜお湯をかけるのかというとフィルターには独特の紙臭さがあるため、それを取り除き、同時にドリッパーとマグカップやサーバーを余熱するためです。

 

そうすることでよりクリーンな味わいになり、コーヒーも冷めずに楽しむことができます!

紙臭さ気にならない人や面倒な人は飛ばしても大丈夫です。

 

スポンサーリンク


 

豆をドリッパーにセットする

そしたらまず先ほどのお湯を捨てて、豆をドリッパーにセットしたらスケールをゼロに設定します。

 

一投目を注ぎ蒸らしをする

ここまでセットしたら沸かしたお湯をドリップケトルに移します。

そうすることで温度が少し下がり、約90から85度くらいになります。

なぜアツアツのお湯だといけないのかというと、コーヒーのいやな苦味や雑味というのは高い温度ほど抽出されやすいからです。

 

90度以下のであればそこまでいやな成分が抽出される心配はないので、美味しいところだけだしましょう

 

軽く揺すって表面をならしたらなるべく全体がしっかりと濡れるようにお湯を40mlかけます。

ここでしっかりと全体をしめらすことでこの後の注ぎでコーヒーの粉が成分をだしてくれるようになります。

なるべく手早く、10秒以内にかけるようにしましょう。

そうしたらタイマーが30秒になるまで待ちます。

 

二投目以降をを注いでいく

続いては二投目以降を注いでいきますが、注ぐ時間と注ぐお湯の量を固定することでより味が安定していきます。

タイマーが30秒になったら、コーヒーのドームの真ん中でくるくると円を描きながら80gになるまで注ぎます。

それより後の注ぎはこちらの表にまとめたのでご覧ください。

時間 湯量(計表示)
0:10 40g
0:30 80g
1:00 140g
1:30 200g
2:00 250g

 

最後に注ぎ終わるのが3分以内に収まることが理想で、それよりも長い場合は嫌な成分が出ている可能性があるのでコーヒーの挽き目を調整して少し粗くするといいでしょう。

あとポイントとしてはフィルター近くの淵にはお湯はなるべくかけないようにするという点です。

なぜかというと一投目の蒸らしでできたコーヒーの層が崩れてしまい、抽出に偏りが出たり、雑味が出る可能性があるからです。この層があるとバランスよく美味しいところだけを抽出することができます。

 

撹拌して味わう

最後に味わう前によく撹拌しましょう。

混ぜる理由は抽出されたてのコーヒーは下の方で最初に抽出された方が濃度が濃く、最後の方が薄くなるためです。

混ぜることで濃度が均一になります。

さて今回の豆はブルンジという国の豆を浅煎りです。

とてもさっぱりしていて複雑な酸味とコクのあるオレンジジュースのような味わい。

とても美味しくさっぱりといただきました。

<コーヒー豆人気ランキング>本当に美味しいのはこれだ!!

2018.06.15

[保存版]家で本格コーヒーを楽しみたい全ての人に。コーヒーについてわかりやすくまとめた

2017.06.10

コーヒーの淹れ方とペーパードリップの重要な4つのポイントをまとめた。

2017.04.23

まとめ

さて今回はペーパードリップについてまとめて見ましたがいかがでしたでしょうか??

レシピを守るだけで簡単のペーパードリップ。

色々なレシピがあると思うのでぜひあなたも器具を揃えて挑戦して見てくださいね。

意外とコーヒー屋さんとかに行った際は直接レシピを聞いてみると教えてくれたりもするので!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です