このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でおいしい本格アイスコーヒーの淹れ方を解説

スポンサードリンク

晴れた休日。あったかくなってきて気持ちいいですねー。

出かけるのもいいですが、たまにはお家でゆっくりとしたいものです。

そんなおうちでまったりなオフの日の相棒にぴったりなアイスコーヒーを自宅で淹れてみたので、ちょいちょいポイントを交えながらご紹介します!!

 

余談ですが、日本ではポピュラーなアイスコーヒーですが、海外ではあまり飲まれないそうです。でもあったかくなってくると欠かせないドリンクですよね!

 

 

必要な器具

今回使用したのはこの子たち!

  • ドリッパー
  • サーバー
  • ドリップポット
  • 豆(中深煎り以上がおすすめ)

ドリッパー:ハリオV60
豆    :中深煎り、ブラジル

<レシピ>
豆:中細挽き30g
湯量:90度、250g
氷:約60g

ハリオのV60は注ぐスピードやお湯の温度を変えることで細かい調整がある程度できるので便利です。特に今回はアイスコーヒーということもありしっかり濃いめに淹れたかったんで。

淹れ方について詳しくは下の記事にまとめたのでよかったら合わせてどうぞ。

 

写真の通りあんまりにも気持ちよかったんで今日は窓際で淹れちゃいました笑
ちなみに左側にある植物はアボカドです笑

 

まずお湯を沸かしつつ豆を挽く

器具を揃えたらとりあえずお湯を沸かします。

その間に豆を挽いちゃってください。

 

今回は中細挽きで。しっかり抽出していきます。

 

サーバーに氷を入れる

次にサーバーに氷を入れてきます。

こんぐらいいっぱい詰めちゃってください!

 

ここでワンポイント!
氷を流水で洗います!!

一回流せば大丈夫です。

なぜ洗うのかっていうと、どうしても家で作った氷に冷凍庫のニオイってついちゃいますよね。でもこうして一回流してあげることでだいぶニオイは落ちます!試してみてくださいね!

 

ドリップする

サーバーの準備ができたら

粉を入れて・・・と。

沸いたお湯をドリップポットに移します。

んで今回の温度は90度で淹れてきますよ!

 

適温に冷めたところで、第一投目。

全体に行き渡るように、ゆっくりと中心から回し入れていきます。

お湯が全体に行き渡ったら、ここで一旦ストップ。

30秒ほど蒸らしていきます。ぶくぶく。

下にはポタポタと垂れてきます。

 

蒸らしが完了したらまた淹れていきます。

 

また真ん中からお湯を置くようにゆーっくりいれます。

 

一定量までいれ終わったら抽出はここまで。

ドリッパーを外します。

 

味わう

コップにまた一度ゆすいだ氷を入れて注いでいきます。注ぐ時に軽く撹拌するとバランスよくなります。

いただきます。

んーいい色でて綺麗。濃いめに出しましたが氷が溶けた分でちょうどよくなってます!中深煎りなのでスッキリした苦味の中に少しフルーティな甘酸っぱさを感じます。

晴れた日の窓辺でゆっくりするには最高ですわ。

 

まとめ

いかがでしょう?

いい天気とアイスコーヒーと窓際。

ドリップで淹れるアイスコーヒーは市販のものとは比べ物にならないくらいおいしいです。やり方さえ覚えてしまえば誰でも簡単に淹れることができます。

最高に気持ちがいいのでぜひ試してみてください!

このまま窓際で読書して、ぼーっと。いい休日。

 

うちのベンチと本。

ゴールデンスランバー

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です