[コーヒーの挽き方]ミルがない場合はどうしたらいいか

スポンサードリンク

どーも。

みなさんはコーヒーがおすきですか??

最近ですとコーヒーのクオリティが上がって来たり、様々ないい豆を扱うカフェが増えて来ましたよね!

そのおかげか今までコーヒーが苦手だった方もちゃんとした質の高いコーヒーを飲んだことで、新たにコーヒー好きになったってことも。

そんなコーヒー好きな方はお家でも美味しいコーヒーを淹れれたら毎日の楽しみが増えたり、リラックスするときも美味しいコーヒーがあれば最高です。

 

どうせならこだわって淹れたいコーヒー。

 

美味しく淹れるポイントは、飲む直前にコーヒー豆を挽くことです。

 

やはり直前にコーヒーを挽くことによって淹れるコーヒーは何より香りが違います。

 

例えばハンドドリップで淹れたときも新鮮な豆であればまるで生きているように膨らむでしょう。

 

やはり直前に挽いて淹れるのは格別です。

 

 

しかしよく問題になってくるのがミルを持っていないということ。

意外としっかりと硬いコーヒー豆。

果たしてミルがない場合はどうしたらいいのでしょうか??

 

 

すり鉢で擦る

まずはすり鉢で擦ってみるという方法があります。

 

だいたい200mlのコーヒーを淹れようとした場合豆の量は12g程度がちょうどいいのですが・・・。

 

こちらは手で丁寧に挽いていくわけですが、挽くと同時にコーヒーの焙煎の香りが立ち込めて楽しめるでしょう。

 

しかしながら適度に挽きおわるまですり続けなくてはいけないためしばらく時間がかかってしまうかもしれせん。

疲れるのいやだーって方やメンドくさがりな方には向いていないかもしれないですし、コーヒー粉の粒度がバラバラになってしまうため、味が安定しないでしょう。

 

フードプロセッサーやミキサーにかける

 

そしてよくあるのはフードプロセッサーやミキサーにコーヒー豆をかけてみるということ。

 

これは電動でさっと挽けますがやはり挽きおわったコーヒーの粉には粒度にばらつきがあります。

 

一般的にハンドドリップであれば中細挽き(ザラメと白砂糖の間くらいの細かさ)程度が目安ですが、フードプロセッサーやミキサーのようなプロペラタイプだと、とても細かいのと結構粗いコーヒーが混ざって挽きおわる場合が大抵です。

 

やはり均一の粒度に挽くことが理想的になりますから、これでは味に影響が出てしまいます。

 

 

粒度と味(ハンドドリップの場合)

細かい粉→抽出され過ぎて苦味や雑味の原因に

粗すぎる粉→未抽出になり酸っぱくなる原因に

 

 

さらにフードプロセッサーの場合だと刃がしっかりとついているので刃を痛めることにつながりかねません。

 

あとは何より挽き終わった後の掃除が大変である点が難点ですね。

 

意外とコーヒーミルも安く買えたりするので、まずはやすいものでもコーヒーミルならばしっかりとなるべく均一に挽くことができますのでミルを購入することをお勧めします。

 

結果ミルを買ったほうがいい

 

正直お家でコーヒー豆を挽いて淹れたいと言う場合はやはりミルを買ったほうがいいでしょう。

ミルを買うメリット

・お家でコーヒーをより楽しめる

・インスタントよりはるかに美味しいコーヒーを淹れることができる

・何より挽きたてで新鮮なコーヒーを味わえる


個人的にはとにかくいい体験になると言うことです。

手動のミルなんかだと挽いている時にゴリゴリする感覚だったり、自分や好きな人のために淹れる1杯を時間をかけて丁寧に淹れると言うことが楽しかったりします。

<コーヒー豆人気ランキング>本当に美味しいのはこれだ!!

2018.06.15

[保存版]家で本格コーヒーを楽しみたい全ての人に。コーヒーについてわかりやすくまとめた

2017.06.10

コーヒーの淹れ方とペーパードリップの重要な4つのポイントをまとめた。

2017.04.23

自宅で本格コーヒーを淹れるのに必ずいるもの5つ

2017.04.22

まずはミルやコーヒーグッズを揃えてお家でのコーヒーライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です