このエントリーをはてなブックマークに追加

撹拌ドリップのやり方を解説するよ

スポンサードリンク

 

チャーリー
どうも!^^撹拌ドリップやってみました!

 

みなさんはいつもお家でどんな風にドリップをしていますか?

今回は今まで日本ではあまり行われていなかった「撹拌ドリップ」というものをご紹介していきたいと思います!!

普段コーヒーをドリップする時の新しいヒントになれば嬉しいです。

それでは早速撹拌ドリップ試していきますよー!!

 

今回使う器具

 

使うのはこちら

 

ドリッパー:ハリオV60
ポット:カリタ
サーバー:ビーカー
ミル:ポーレックス
豆:グァテマラ(ハイロースト)
撹拌用スプーン

今回は撹拌ということで、調整がしやすいハリオのV60を使ってドリップをしていきます。

あと最近買ったんですけどポーレックスが割と均等に挽けて調子いいです。

アウトドアにも便利ですし。おすすめ。

レシピ

 

豆:25g(中細挽き)
お湯の温度:約89度
湯量:250ml(約2杯分弱)
注ぐスピード:早め

ポイント

自分流ですが、この撹拌ドリップは短時間で一気に豆のいいところだけを抽出するように心がけています。

なので割と早めの抽出時間で。

長い時間をかけてしまうとエグい部分まで出てしまうので気を付けましょう。

具体的なドリップのやり方

初めてドリップの方はこちらを参考に。

基本のドリップコーヒーのやり方と重要な4つのポイントをまとめた。

2017.04.23

 

まずお湯を沸かし、豆を挽いておきます。

 

沸いたところで、器具を温めましょう。

ポットから

サーバー

コップまで

温めたら次はドリッパーをセットして豆を入れます

 

粉を平らにならしたら、まずは一投目

 

こんな感じで全体的に、いつもより多めに入れていきます!

そしたら今回のテーマでもある撹拌・・・!!

ぐるぐる

まだまだ

下から粉をすくい返すように

写真のようにしたから上に満遍なく粉が濡れるように5回ほど撹拌してやります!

そうしたら20秒くらい蒸らします。

蒸らし

 

撹拌の理由

てかなんで撹拌するの?
チャーリー
そんな疑問のあなたに。説明しよう。

もともと撹拌ドリップは浅煎りの豆をうまく抽出するための方法なんですね。

豆は焙煎の過程で深く焙煎されればされるほど豆の中に炭酸ガスの量が増えてきます。

 

日本では中深煎りくらいかそれ以上の焙煎度でドリップすることが多いんだけど、その時に豆って炭酸ガスで膨らみますよね。

それを利用してバランスよく抽出してるんですが、浅煎りの豆だとそもそもガスが多く含まれてないからバランスよく抽出するには混ぜちゃえ!っていう単純な理由なんです。

しっかり最初に豆がお湯に触れてればいいわけなんで。

 

特に浅煎りの豆のいいところはそのフルーティな酸味。

最大限のエキス抽出できるってわけです!

 

今回は中煎りぐらいなんだけど、それでも中煎りならではの苦味と酸味のバランスのとれた味わいが楽しめるました!

 

 

ささ、話を戻して・・・

 

二投目を注いでいきます

 

こんな感じで結構多めに。

 

軽く落ち着いたら湯量に達するまでどんどんいきます!

ドバドバ入れます

 

抽出完了!

 

そしたら軽く揺すって中身を混ぜてあげます。

 

んでコップに注いだら完成。

 

気になる味は??

さてさてお味の方ですが・・・

早めに抽出したからあっさりすぎ?になるのかなあと予想していたら意外としっかり味が出てる!!

しかも濃すぎずエグくないいバランスですね。

 

まとめ

チャーリー
撹拌ドリップ、普通にうめえわ

 

みんなもやってみてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です