脳機能のRASを活用して引き寄せの法則を発動させよう

スポンサードリンク

どーも。

今日は引き寄せの法則の話。

以前こちらの記事で軽く話しましたが今回は改めて引き寄せの法則を解説してこうと思います。

 

かの「思考は現実化する」という本で有名なナポレオン・ヒルもある名言を残しています。

頭の中で考えたことを、心から信じれるなら、人はそれがどんなことでも達成できる。

 

これはもはや90年も昔の言葉になり、その当時医学も成功哲学も発達しておらず、ナポレオン・ヒルはこのことでかなり非難されたそうですが、今では科学的になぜ紙に自分の願望を書いたり、声に出して実現したいことを言ったりするとそれが叶っていくのはわかってきてるようです。

そんなことで夢叶っちゃうのかよって感じですが、詳しく見ていきましょうか。

 

引き寄せの法則は脳機能で説明できる

 

え、引き寄せの法則ってスピリチュアルとかそーゆーのじゃないの?

 

そう思われるかもしれないですが、実は脳機能で説明が付いてしまうんです

どっちかっていうと僕はかなりスピリチュアルよりな人間なので脳機能とかあんまりわからなかったですが、

どつやら効果的に脳機能を活用することで、引き寄せの法則もうまく利用することができそうです。

 

引き寄せの法則に必要な脳機能「Ras」

 

Ras = reticular activating system

 

英語じゃわかんねえよって方

日本語だと、「毛様体賦活系」もうようたいふかつけい

って言います。

 

はい、さらによくわかりませんね笑

 

そんなあなたはこちらをごらんください。

 

はじめに機能を簡単に説明すると、

必要なものを吸収し、不必要なものはカットし、
体の生命活動を維持するフィルター

といえます。

 

このRasのおかげで、人は生命を維持したり、呼吸できたり、腹が減ったり、うんこしたくなったり、、、

ごめんなさい詳しい理由は調べて見たんですがめちゃくちゃ専門的すぎて意味わかんなかったので、きになる方はこちらを見てみてください笑


https://bsd.neuroinf.jp/wiki/脳幹網様体賦活系

 

また、Ras の一番のここでのポイントとしては、

意識レベルでのコントロールに関わり、自分の特に関心が強いものや興味のあるものを無意識的にも探してくれるということなんです。

 

つまりこれってどういうことかというと、

例えば、
新しいバッグが欲しいなあと思い始める。

街を歩いていると勝手にバッグが目に入ったりすることが多くなる。

 

というように現実の世界での普段は見えていなかったものの中から自分に必要な情報などを勝手に集めてくれるんです。

 

ほとんどの情報は脳の前にRasを通過する

 

人が感覚器官や受け取った情報のほとんどはこのRas を通過しそれぞれ脳の処理される場所へと送られます。

見たり、聞いたり、食べたものを味わったり、、、

 

もちろん何かを触ったりするということも、

手の神経から脊髄へ、そしてRasから脳へと伝わり、考えたり、判断したりするわけです。

 

Ras=フィルター

 

という先ほどのことから、このRasの時点でフィルターによって必要ないと思われた情報のほとんどは、意識すらさずに終わるってことなんですね。

よく考えてみると、Rasがなくてもう全部が意識されてしまうみたいな状況なんてあったとしたら完全にオーバーヒートですよね笑

Rasすげー。。

 

ある研究によると

人間の脳は

毎秒400,000,000bitの情報を処理していると言われ、その中でも意識的に処理しているのはたった2,000bitだけみたいです。

つまり情報の99.9999%くらいは無意識が勝手にやってくれてます。

 

全部とかの情報入ってきたらまじパンク。

 

Rasのおかげでいつでも人は自分の中に必要な情報を選んでいて意識することができる。

 

一日たった5分でできるRasの起動方法

 

じゃあRas を活用して引き寄せを発動させていく方法は何かってこと。

 

それは、

・やりたいこと
・実現したいこと
・欲しいもの

これを紙に書き出す。

一日5個とかでいい。それだけです。笑

 

Ras=カーナビ

 

なぜそれだけでいいかというと、要はRasさんに

目的地(実現したいこと)を伝え、最短でそのルート(いらないことは無意識的に排除する)で向かう。

ということなんです。

 

ここで一番のポイントとしては、

自分が何がしたいのかってことや、何が欲しいかってことだけを書き出し,

どうやって達成しようかってことはあんまり考えないということです。

 

そのそうやってを考えてしまうと、

「あれ、意外と実現不可能じゃね」とか結構不安になって邪魔になるからです。

 

目的地をサクッと伝えて、あとはRasさんに連れてってもらいましょうというスタンスで。

 

やりたいことリストを無料プレゼント

 

とりあえず自分でやりたいことリストを作って見たので欲しい方はどうぞ。

 

 

注意点としてはこれをみるのは自分だけにしてください

なぜかというと、もしあなたが「綾瀬はるかに絶対会って一緒に食事に行く!!」ということを書いたとします。

そしてそれを見た誰かが言うわけです。

「いやお前には無理じゃね笑」

そうなると何が起きるかと言うと、信じる気持ちが低下し、その現実がとうのいてしまいます。

なので自分で書いて自己満してください。そしてたくさんそうなった自分を妄想して臨場感を持つことがポイントです。

 

 

僕もこれからやりたいことリスト埋めてRasを起動してみようと思います。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です