このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックとは?

スポンサードリンク

 

アメリカでもオーガニックブームと

最近よく聞くようになったオーガニックという言葉。

しかし本当のオーガニックの意味とはなんなのでしょうか??

今日はこの言葉の意味について説明していきます!!

 

言葉の意味

オーガニック:有機栽培、有機農業。また、その農産物。広く、畜産品を含めた生産物をいう場合がある。

大辞林より

んー。なんとも広くてわかりにくいですね笑

そもそも”有機栽培・有機農法”ってどういう意味なの?

有機栽培(農法)とは、

有機質肥料を用いた栽培。農林水産省の表示ガイドラインでは、化学合成農薬・化学肥料(除草剤)などを使用しないものを言う。

大辞林より

なるほど、つまり

オーガニック=

原則、化学肥料を使用しない田畑によって育てられた野菜や自然放牧などで育った家畜の乳や肉、卵など

と言えますね^^

しかし、オーガニック食品やオーガニック製品はどのような決まりがあるのでしょうか?

オーガニック食品・有機野菜のついて

皆さんはこちらのマークを見たことがありますか?

JASマーク

まだまだ頻繁には見かけないこちらのマークは、「有機JASマーク」と言います。

農林水産省が定めた基準(化学肥料を使用しない栽培)をクリアした農産物のみこのマークを貼ることが許され、有機栽培のよって生産されたことを表示することができます。

しかし、こちらは完全無農薬ではないということです。皆さんこうした生産物は、『有機栽培=無農薬』だと思いがちですが、やはり有機栽培をしていると完全に有害な害虫などを排除できないため、最悪のケースで農薬を用いる場合があります。ですが使用される量は限定されているため、ほぼ人体には害はないでしょう。

また、このマークがないと、「有機〇〇」や「オーガニック〇〇」と言うことができず、法律によって罰せられてしまいます!

オーガニックコスメについて

続いてはコスメティックですが最近日本でもオーガニックのコスメが増えてきた気がします。

しかし、現状では日本にはオーガニックコスメの基準や決まりなどに関する法律はありません!!

つまり、もしある会社が発売した商品にわずかでもオーガニックを使用した成分が入っていれば、オーガニック製品・コスメと言っていいわけです・・・

なので、オーガニック由来の成分5%、残りは全て化学成分なんてのもあるかもしれません^^;

それではどうやってオーガニック製品を見極めれば良いのでしょうか?

オーガニック認証団体

本物のオーガニック製品を選ぶ基準として、オーガニック認証団体というものがあります。

JONA

<日本>

日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

ECOCERT

<フランス>

ECO CERT

ACO

<オーストラリア>

AUSTRARIAN CERTIFIED ORGANIC

NaTure

<EU>

NaTure

このように様々な団体が存在し、それぞれ定める基準は異なってきますが、基準をクリアした製品にはそれぞれのマークがついたりします。

例えば、オーストラリアのACOの定める基準では、成分の95%がオーガニック由来の成分でなければならず、さらに残りの5%も農作物ではない天然由来の原料でなければならない。などと言った厳しい基準が設けられています。このACOは日本のオーガニックコスメティック協会と協議して基準を定めていましたが、現在は認証活動を休止しています。

なので、このようなマークが製品にあれば安全なオーガニック製品と言っても過言ではないでしょう。

まとめ

オーガニック=

無農薬栽培によって育てられた野菜や自然放牧などで育った家畜の乳や肉、卵など

オーガニックについての理解はできましたか?^^

僕はオーガニック製品が健康や美容にも良いという点だけでなく、自然との共存や地球を大切にするという点でも、とても魅力を感じました。

健康ブームが来ている今、少しでも皆さんが環境のことについても知っていただいて、みんながそんなふうになればきっと素敵な星になるのではないでしょうか^^

以上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です